協会概要

◆目的

本法人は、日本的な進化を遂げ、今や日本の国民食のひとつに数えられるところまで定着したシュウマイの価値を広く社会に広めるために設立しました。具体的な活動としては、記念日「シュウマイの日」を制定し、シュウマイにまつわる法人・個人とともにシュウマイを盛り上げるとともに、シュウマイが栄養価に富み品質の高い極めて良好な食材であり、大人にも子供にも喜ばれる美味しいご馳走の主役であるという食育活動や、国民に広くアピールする催事等を通じて、シュウマイの消費拡大に寄与するとともに、日本に暮らすあらゆる人々が、家族,友人、仲間、恋人、あるいは一人で食卓につき、シュウマイを味わう場面を通じて、より健康で幸せな人生を送ることができる社会をつくることを目指します。

名称 一般社団法人 日本シュウマイ協会
設立日 2022年6月22日
所在地 東京都中央区銀座3-12-15 銀座細谷ビル4階
事業年度 9月
取引銀行 楽天銀行
代表理事 種藤 潤(シュウマイ潤)
理事 種藤 潤
染谷百彦
山本 徹
顧問 佐々木敦

代表挨拶

「シュウマイがかわいそう」。
そんな思いから、2015年ごろから全国のシュウマイを本格的に食べ歩きはじめ、その特徴を研究してきました。そのなかで感じたのは、いいシュウマイはあるものの、それが「点」で終わり、シュウマイという広いジャンルで見られていない現実でした。
「点」が「線」となり「面」になることで、シュウマイの知られざる価値や可能性が知られ、シュウマイへの関心が高まり、市場が広がる。そこに可能性を見出した飲食店やメーカーが新たなシュウマイを作り、「面」はさらに広がっていく…そんな好循環が生まれることで、シュウマイはかわいそうな存在から脱却できると、私は推測していました。
そのためには「面」をつくる「場」が必要であり、それが本法人設立のきっかけとなりました。まずは2020年に「日本シュウマイ協会 準備サイト」を立ち上げ、個人としてシュウマイの魅力を広げる機会を作ってきましたが、広く継続的にシュウマイを盛り上げるには、企業・団体・個人がより参加しやすい場が必要だと感じ、各関係者の尽力のおかげで、2022年6月22日、「一般社団法人日本シュウマイ協会」として法人登記をすることができました。
日本シュウマイ協会は、さまざまなジャンルに点在するシュウマイ関連事業者を包み込む「皮=包み込む組織」であり、その存在を注目してもらうための「グリンピース」であると考えます。
少しでも関心を持っていただいたら、ぜひこの「皮」のなかに一緒に包み込まれていただきたいと思います。

日本シュウマイ協会 代表理事
シュウマイ潤(種藤 潤)

◆シュウマイ潤プロフィール

1977年神奈川県生まれ。大学卒業から独立し、現在はフリーランスとして取材執筆を行う。2015年頃からシュウマイ研究を開始し、インスタグラム「焼売生活」を中心に情報を発信。2021年9月現在、約1000種、約5000個以上のシュウマイを食べてきた。

2018年5月にTBS「マツコの知らない世界」でシュウマイの知らない世界を紹介。以後、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、ウェブなどさまざまなメディアでシュウマイについて語る。同年8月には崎陽軒社長と対談。2021年10月には二度目の「マツコの知らない世界」に餃子の専門家とともに出演した。

2019年1月には「東京シュウマイ弁当」(オーガニックキッチン)を監修。2020年7月には、東京食材活性化を目指す「メイドイン東京の会」とコラボレーションした「東京焼売」を発売。他にもシュウマイ関係のイベント企画や執筆、商品開発等を行っている。

シュウマイの活性化を、より多くの人や企業・団体とともに取り組むべく、2020年6月7日に「日本シュウマイ協会」のサイト(https://syumai.life/)をオープン。毎月26(つつむ)日の「シュウマイ食べる会」の開催、11月には共同で「シュウマイムーブメントプロジェクト」を発起するなど、活動を本格化させている。

2021年12月15日、日本初のシュウマイ専門書「シュウマイの本」(産業編集センター)を発売した。